2017.08.17 里親さん募集
IMG_2301s.jpg
この仔たちがもし20年生きたならば私の歳は私の親父の歳を越える。
これの意味することは
「私達はこの仔たちより長生きできないかもしれない」
であれば、この仔たちは里子に出すべき。

-----------------
三毛♀3か月
とても人懐こく、人間が大好きです。
トイレの躾済み
猫エイズ、白血病陰性(OK)
元気で甘えん坊でスタイルもよくて模様もきれいで、一緒に住むにはもってこいなネコです。
とても可愛らしいですよ。
------------------
もう少し可愛らしい写真とともに、こんな風に出せば里親になってくれる人っているのかなぁ・・・
スポンサーサイト
以前の元気な状態に戻りました。
家人の食事の時はテーブルの上にあがってきたり、私たちがベッドに入るとやってきて一緒に寝たり。
ただ、結構痩せているので食欲増進の薬は外せないかもしれません。

この仔はとても頭の良い子で、何をどうすれば良いかが解かって行動している節があります。
感心することが多く、でも行動は可愛らしいのでアイドル的なイメージがあります。

いつまでも元気でいてくれることを願うばかり。。
IMG_2298s.jpg
我が家のネコ達はトイレ容器の縁に乗って用を足す仔が多い。
そこで縁を大きくするべく改造してみた。
1000円の12㎜合板とブラケットでカウンター状のものを2組作り、上の段に四角い穴をあけ、あいだにトレーを入れる。
ちょうど、引き出しのように取り出せるのでそれなりに便利かも。
そして、かがまなくてもトイレ掃除ができるのは楽。

ネコはトイレの後、容器の縁などを前足(手)でゴシゴシと何度も擦るのですが、それがカウンター上の板に代わり、「キ~キィ~」と大きな音が出る。
観察の結果、約一匹を除き気に入ってもらえたようだ。
その一匹は「ゆき」。
この仔はトイレ以外のところで用を足す癖があり、それも改善すべく今回の日曜大工と相成ったので悔しくて仕方がない。
さて、どうするか・・・
今朝、4時に起きて様子を確認。
特別食(美味しそうなキャットフード)を見せたら反応があったので掌から食べさせる。
数粒食べたらもういらない。でもとりあえず食べてくれたことが嬉しい。
水も少し飲んだ。

9時に獣医さんへ。
100ccの点滴。
「この数値でこれだけ動けるということは慢性ではなくて急性だと思います」

昨日より元気が出てきたような感じがある。
自宅に帰って「ちゅーる」を。
半分くらい食べた。
水もたくさん飲んだ。
おしっこもした。

ペットショップに行き、食べやすくて高栄養な食事を探していると店員さんが来たので色々とお話。
なんとその方も猫を6匹も飼ってらっしゃる。
猫の保護やさんみたいな感じになってしまっている様子。
近所の方が「猫を拾ったんだけど」と連れてくるらしい。

おすすめの補助食品を教えていただいた。
しまじろうは結構好き嫌いがあるので心配だけど、他の仔たちもいるからいろんなことをしても無駄になりにくいのがありがたい部分かな。
先ほど、今朝食べてくれたご飯をあげてみたらたくさん食べてくれました。
他のものはだめです。。

今日は昨日より元気になりました。
走る姿もありましたし。
明日も点滴ですが頑張ります(猫も私たちも)
2017.08.06 海岸で演奏
八千浦地区のお祭りに出演してきました。
15分しかないので4曲だけですが、浜辺のステージで海をバックに演奏ってなかなか気分が良いものですね^^

セッティングしている時間が無いので最低限の機材で挑もうと持て行ったのはEDENの10インチスピーカーに250WのDクラスアンプのみ。
通常、屋外ライブの場合は音が拡散するので350Wアンプに10×4発のスピーカーとサブスピーカーをスタックして、大音量で構えるのですが、今回はとにかく時間と搬入がままならない。
でも、低域を強調したセッティングでかなりいい感じに出ていたと思う。会場ではどう聴こえたかは解からないが、ステージ上ではそこそこだった。

ここ近年、ライブでやっていると、自分の演奏をわざわざ褒めに来てくださる方がいて恐縮しきりです。
昨年の5月に道の駅でやったときは、県外の人が「低音が遅れるのを計算して弾いているでしょ?」と言いに来た。
確かにベースの場合は音質上遅れ気味に聞こえる部分があるんだけど、遠くで聴いている人向けにわざわざそこまで考えたりしていないので、この時の場合はモタり気味なドラムを何とかすべく、突っ込み気味に演奏していた部分を言っていたんだと解釈。
「正直言ってこんなバンドで演奏しているのがもったいない腕だよ」とまで言ってくださった。

昨年からライブの演奏時は細かいテクニックは無視してとにかくノリを重視することを心掛けている。
例えば、しっくりこないのであれば音数を減らしてでも気持ちのいいリズムが取れる演奏方法に変えるとか。
自分で弾いていて気持ち良くなければ聴いている人に伝わるはずがないというしごく当たり前のことに気づいたというか。
だから最近は「この一音はこの位置で出さなければだめ」というのを感じるんです。1/100秒よりももっと細かいタイミングの違いだとおもいます。
この僅かなズレが気持ち良さに関わるから音楽って深いんですよね。

PHOTOHITOブログパーツ