2017.06.16 テレビを観る
今やってるNHKの「72h」という番組が好きで、わりと毎週見ています。
あと他に好きな番組は「ブラタモリ」と「家族に乾杯」
日曜の午後にやっている「家について行っていいですか?」も好きだな。
あとは、木曜日の「プレバト」の俳句。あの添削はとてもすてきだなぁ。
スポンサーサイト
2017.06.14 豊洲問題
ニュースを見ているといろいろ思うことがあるのでその都度何か書いて発散します (ごめんなさい)
豊洲の専門家会議が「問題なし」との結論を出したようで。
最初から「何が問題なの?」と「?」だらけでしたが、この手の「感情論」には日々うんざりさせられるところです。
ここら辺は掘り下げるまでもなくいわゆる「文系」と「理系」の戦いと言いますか、視点の違いから永遠に噛み合うことのない「リンゴの美味さ」と「飛行機の速さ」を比べるようなわけのわからない状態です。
こういう時は細分化してポイントを絞り優先順位をつけてそれぞれの問題を検討していくのが王道だと私は感じるのですが、豊洲の専門家たちが出した結論が今後どのように受け入れられて展開していくのかは社会現象の実験として興味はあります。でも逆にそれ以外はまったく興味がわきません。
似合わないのだけれど、もうかれこれ20年くらい社長をやっています。
ものすごく遅いのだけれど、最近ようやく「社長がやるべきこと」というのを真剣に考え始めました。

30代の頃に受けた研修や見聞きした講演、書物。
それらのものにいかに縛られていたかがなんとなくわかってきました。

朝一番に誰よりも早く出社し、
誰よりもたくさんの作業をこなし、
従業員の言うことすべてに耳を傾け、
トラブルがあれば先方に出向き、
一番最後に退社する。

ず~っとこういうことをやってきました。
ダメです、これ。

景気の良かったころは二十数人いたうちの会社も時代の流れの中で縮小していき現在は一桁の人数で運営しています。
"イケイケ"な時代は誰が社長をやってもうまくいくので、その頃の悩みと言えば人間関係のストレスが主。

<つづく>
2017.05.26 雨ニモマケズ
ここ最近思い出したようにグッとくるのが宮沢賢治の「雨ニモマケズ」
小学生のころから聞き覚えのある有名な詩というか文章というかですが、実際は宮沢賢治の没後に見つかった手帳の中にあるメモらしいですね。
情景は心に残るのですが、少し長いので文章として記憶に留まりにくい。
ネットで検索すれば簡単に出てきますが、いま思い出せる範囲でこの詩を書いてみましょう。
さて、どこまで書けるでしょうか?

雨にも負けず 風にも負けず
雪にも 夏の暑さにも負けない丈夫な体を持ち
欲はなく けして怒ら
いつも静かに笑っている

一日に玄米4号四合
味噌と少しの野菜を食べ
あらゆることを 自分を勘定に入れずに

野原の松の林の中の藁ぶきの小屋にいて
よく見聞きし分かり そして忘れず

良く見聞きし分かり そして忘れず
野原の 松の林の影の 小さな藁葺きの小屋にいて


東に病気の子供あれば 行って看病してやり
西に疲れた母あれば 行ってその稲の束を負い
南に死にそうな人あれば 行って怖がらなくてもいいと言い
北に喧嘩や訴訟があれば つまらないからやめろと言い

日照りの時は涙を流し
寒さの夏はオロオロ歩き
みんなに でくのぼう と呼ばれ
褒められもせず 苦にもされず

そういうものに
わたしはなりたい


※合っているかどうかわかりません!

最後の「サウイウモノニワタシハナリタイ」というところでウルウル来ちゃってダメです(´;ω;`)




IMGP7454s.jpg
IMGP7472s.jpg
IMGP7470s.jpg
IMGP7471s.jpg
IMGP7465s.jpg
IMGP7475s.jpg

PHOTOHITOブログパーツ