2012.11.14 シロちゃんへ
ずっと私の傍にいなさい。
もうどこへもいかないでいいから。
DSCF2801s.jpg
あれは一昨年の春だったよね。君が時々私の用意したご飯を食べにきたのは。
薄汚れて器量も悪いから、とても不憫でほうっておけなかったんだ。
だから日曜日だって毎日ご飯を置きに会社へ出かけたのさ。
IMGP3722s.jpg
君は最初は私を一切受け付けてくれなかったよね。
そばに近付こうものなら「シャー!」と爪を出してた。
でも、そのうち少しだけ心を開いてくれたね。
そして自分の子供たちも連れてきてくれたりしたよね。
その子のうちのひとりが我が家で暮らしているよ。
「小夏」って名付けたんだ。可愛いでしょ?
君の孫もふたりいるよ。
男の子だ。
とてもやんちゃなチャトラの兄弟さ。

君は最近になってやっと近くに来てくれるようになったね。
朝、会社に行くと玄関のそばで待っていてくれたね。

君の最後を見届けるとは思ってもみなかったよ。
車にはねられるなんて思ってもいなかった。
わたしが拾い上げたときはまだ・・
はじめて君に触れることが出来たのがこんな時だなんて・・

お墓を作ったよ。
とても明るい穏やかないい場所だと思うところに。
もう寒いことも辛いこともなんにもないから、ずっと私のそばにいなさい。
私は絶対に君のことを忘れないよ。
K5__0870s.jpg
スポンサーサイト

PHOTOHITOブログパーツ