2016.09.28 反省
反省することが多すぎる人生ですが、今日は仕事上の反省です。

とあるところで改修工事をしておりまして、最後に器具をつけるにあたって下穴を空けていたところ、寸法を間違えて傷が見えることになってしまいました、、、

反省です。

なぜ再度確認をしなかったのか?

ほんの数ミリの穴ですが、これだけで今日やった作業は台無しです。

機能に問題が無くても、見た目はとても重要なことだと思うから反省です。

「面倒だなぁ、、」と感じたら危険信号

反省です、、、
スポンサーサイト
先日のベースアンプの箱は綺麗にできました。
が、しかし、仕上げを"いい加減"にしてしまい台無しに、、
なので写真はありません('◇')ゞ

15インチ(38cm)単発のスピーカーなのですが、PEAVEYのブラックウィドゥ(BW)でとても気持ちの良い音が出るんです。
きょうび、ベースアンプの主流は複数スピーカーを一つのキャビネットに収めますが、あえて単発ものを作ろうと考えました。
これはこれで音の塊が飛んでくるようで気持ちが良かったりするのではないかと。

だから、MARKBASSの15インチ単発キャビの寸法を参考に、小型で綺麗なキャビを作り直します。
木の加工をしているときってけっこうシアワセです^^
20代のころ使っていたベースアンプ。
今は他のものがメインになっているので持ち出す機会がないのだけれど、粒立ちの良い音は結構好きだったりしてます。
ただ、重たいんです、、

そこで、エンクロージャー(スピーカーBOX)とアンプを分離させて軽量化をはかろうと思います。

まずはエンクロージャーの設計から
現在のアンプのBOX寸法をメモして容量を確認して新しい箱の算定基準にする。
かなり容量が小さかったので大きめの箱を作り間仕切りで対応してみようとの方針を固める。
材料は何を使うか?
家具調の仕上がりにしたいから寄木の板で、、「値段が高い!」却下~合板だな。

今日は板の加工と部品の接着をやった。
組み立ては明日だ。
いろいろと書きたい気分で大して調べもせずに書き出してしまいましたが無知なこと甚だしく空しいので消します。
学生の時、原子力発電の事を少しだけ教えてもらったり、福島第一原子力発電所に見学に行ったりしたことを思い出し、昨今の情勢にいろいろ思うこともあるので、考えをまとめてみようと思った次第です。
「わからないけど危険なことだけは確かなんだから反対!」というのはどうなんだろう?と想ったり、現在の日本の状況で(プルトニウムの貯蓄量など)考えを一つ変えるだけでどういったことが起きるかなど、普段感じているもやもやを纒てみたいなとか考えてしまいました。
すみません、、
今日の「ためしてガッテン」でやってました。
「心臓マッサージは何のためにやるのか?」との問いがあり番組が始まるわけですが、
私は常日頃から「"心臓マッサージ"と言う呼び名を変えるべきだ。言うなれば"手動心臓"とでもするべき」と言ってきました。

今から7年半前に女房が施してくれた手動心臓(心臓マッサージ)のおかげで現在普通に生きていられる私ですが、これが当たり前だと思われるととんでもない誤解になるので書き記しておきます。

事は夜中の3時ころに起きたそうです(私は記憶がないので)
「う~ん、、、」「ウ~ン、、」と唸る私の異変に気付いて起きた女房。見ているそばで私の呼吸が止まり、顔から血の気が引いていったそうです。そのときの顔はいわゆる「死人の顔」だそうで、緊急事態であることを悟った女房はすぐに119番へ。
「心臓マッサージってどうやるんですか?」「胸の真ん中を押してください。左じゃないです」「テンポは?」「1分間に100回くらい。♪♪♪♪これくらいのリズム!」
とのやりとりのあと心臓マッサージを始める。(ちなみに今まで講習の経験なし)この間、1~2分。
心臓マッサージをしたまま大声で子供を呼び起こす。
「お父さんが死んじゃう!早く起きて!!」
2階の自室から降りてきた子に
「家中の電気をつけて!救急車が気付くから!玄関のカギを開けておいて!」
3月の夜中の3時に煌々と電灯をつけている民家は目立つでしょう。
消防署からわりと近いけれど3分以上はかかる。なので救急隊到着時で心臓停止(正確には心室細動による心配停止)から5分が経過。
救急隊に心臓マッサージを代わってもらい、AEDの準備。
AEDによる蘇生を試みる→心臓動かず。
救急車に搬入~労災病院へ向かう~救急車の中でAED2回目を試す→蘇生せず。
そのまま心臓マッサージをしていると「あ、呼吸が戻ったみたいです」
病院到着。
集中治療室に入り検査。
心機能に問題がありそう。
ここ(労災)には循環器の設備が無いので中央病院に移動。
(ちなみに病名は「冠攣縮性狭心症(かんれんしゅくせいきょうしんしょう)」=心臓を動かす為心臓の筋肉に血液を送っている冠動脈の一部が何かのきっかけ(メンタルなど)で収縮する病気。なので再現性がない=普段の生活に制約はない)

労災にいたのであろう途中の幾つかと、3日後中央病院の個室からの記憶はありますが当日のことは全く分かりません。

入院中に受けた脳機能の検査。
「記憶に少しだけ問題が見受けられますが、あとは問題なしです」
直近の記憶に問題があるのは実は昔からで、今言われたことを記憶できないことがあって困っていました。聞いた電話番号を記憶できなかったりという感じです。いわゆる先天性の脳障害なんでしょうが、ゆっくり聞き返しながらメモを取ったりすれば良いだけで生活には困りません。
IQは変わらなかったみたいで、退院後ネットでのIQテストをいくつかやってみましたが110~125で問題なしです(過去一番の成績は135でしたが)

といった感じで、お医者様が面玉をひんむくくらい後遺症がない状態で現在に至っています。
主治医曰く「良くて"ヨイヨイ"悪くて植物人間。普通は死んでますね」


と、ここまで書いて何を言いたいかというと、
人の異変に気付いたときにまずやることは「手動心臓(心臓マッサージ)」です!

5分間、脳に血流がなかったら生存できる確率は50%
1秒でも早く手動で脳に血液を送ることを覚えておくこと。
そしてこれも知っていてほしいのですが、人工呼吸はやらなくても大勢に影響はありません。
わたしも自呼吸を始めるまでの5分以上の間に人工呼吸は一度もしていなかったらしいです。
人工呼吸で惑うくらいなら脳への血流が大事。
そして健康体に心臓マッサージをしても問題はありませんから、迷ったらまず心臓マッサージをすること。
肋骨が折れる場合がありますが命に別状はありませんし過失致傷にもなりません。ご安心を。

人を助けるってほんのちょっとした知識と勇気が大事だったりするみたいです。
最近弾き込んでいるプレシジョンベースと相性の良いアンプは何なのか?
と思い、手持ちのアンプ2台が手ごろな状態なので聞き比べてみました。

まず、普段の自宅での演奏時に使っているPJBのブリーフケース
IMG_1989s.jpg
逆に、このアンプに一番相性がいいベースは?と私の手持ちの中で感じているのはアリアのエレクトリックアップライトベースです。
この大きさから想像ができないくらい気持ちの良い低周波が出る感じで「ウッドベースの補助アンプにもってこいだ」と言われることに納得しています。
で、このアンプとプレシジョンとの相性もそれなりにイイなと感じてはいました。
プレシジョンってどちらかというとアップライトよりな出音の傾向があると思います。

こんな風に「まあまあだな」な気分でいたので試していなかったアンプがこれ↓
IMG_1990s.jpg
同じPJBのダブルフォー
卓上に置くのが似合う小さなアンプですが、70wの出力がありパッシブコーンという共鳴板と相まってちょっとしたバンド練習もこなせる実力のあるベースアンプです。
「ブリーフケースでこれくらいだから試す必要はないか」と思っていたのですが、雨の休日は農作業もできないので引っ張り出してみたところ
「!」
な感じでした。
ジャズべよりこっちのほうが合う感じです。
けっこう違うものですね。面白いものです。

メインで使っているハートキーなどは、来月の頭に爆音での演奏があるので試してみます。
豊洲の件がTVを賑わしているけど、少し整理しないとなんだかなぁな感じですよね。
どうなんでしょ?

まず環境観点。
盛り土をするの目的は土壌の入れ替えで、それが地下室に代わったのであれば何が問題なの?
むしろ地下空間で管理できた方が安心できると思うのですが。
ニュースでしきりに地下空間のたまり水を映し出してなんか言っていますが、なんだか的外れな感じを受けて「もう少し整理した方がいいんじゃない?」とか思ってしまう。
「強アルカリが検出されました!」って、あんた、コンクリ打ったところに溜まった水だもの「あたりまえ」じゃないっすか?
なんだかそんなんばっかりで、特に某都議の塩村なにがしみたいな「門外漢」がコメントすることにものすごく違和感を感じるんです。(この女が大っ嫌いなだけだったり^^;)

せっかくあそこまで広い地下ピットを作ったのならキチンと防水をして地下室にすればよかったような(コストかかりそうですね)
地下水管理をするような絵になっていたので実際は乾いた空間になるのかな?
配管はVD管などを使っているみたいだから問題が少なそうですが、架台なんかは亜鉛メッキに見えました。ドブ漬けかSUSでないとツラいんじゃないかな。地下水に海水も入って来るだろうから、う~ん。

ベンゼンって揮発性が高いらしいから、もともと大した問題はなかったんじゃないかな?
たぶん、この機会にいろいろ調べても有害なものは検出されない気がする。


「盛り土」とうたっていたのに勝手に「地下空間」になっていたということが問題ならば別な議題にする。一緒に混ぜない。
コスト的にはどうなんでしょ?
条件がわからないし担当違いなので詳しくは判らないのですが、なんとなく同じくらいか地下空間のほうが高い気がするのですが。
誰か詳しい方教えてください。

いずれにしても都民のおばちゃんへのインタビューは今必要ない気がします。
IMG_1981s.jpg
普段はほとんど使っていないFenderJapanのフレットレスジャズベース(いわゆるジャコパスモデル)とネックを交換してみた。


IMG_1978s.jpg
このフレットレスはアルダーボディ+USAピックアップ&スパイラルブリッジでメインで使っているジャズべとほとんど仕様が一緒。
おまけに弦まで同じものを張ってある。
なので2本を弾き比べるにはけっこういい状況。

メイプルネックのほうは硬めの綺麗な音で「これはこれでイイなぁ」な感じ。粒立ちが強くならないのがちょっと物足りないけれど、いわゆる60年代ジャズべの音はシッカリと出る感じが「使える」という感覚に。

で、フレットレスのネックを付けたプレシジョンはというと、、
IMG_1982s.jpg
これがまた「いい音がする」んですわ!
何ていうんだろ?ジャズべのフレットレスみたいに”くどく”ならないわりに中音あたりの気持ちの良いレンジがちゃんと出て低音もシッカリと出る感じ。
ジャコパスの影響でフレットレス=62年のジャズべ以外認めないみたいな雰囲気がありますが、ちょっといろいろやってみた方が良いかもしれません。
たしかジャコのベースってネックはプレシジョンのものに替えてたような気がする。

弾いていて楽しかったので「このままにしとこうかな」とも思ったのですが、プレシジョンを弾き込んでいる最中なので元に戻しました。
くだんのプレシジョンですが、かなりいい感じになってきました。弾き込んでいくとだんだん気に入った音を出せるようになっていくようです。弾き方が変わるというか。
しかし、いまメインで使っているF/Jのジャズベースはホント大好きな音がするなぁ。。手放せないな。
2016.09.15 ペットロス
今日の夕刻。うちのカミさんが近所の家に我が家のワンコを従えて用事に出かけた。
ちょうどそこへ私らの仲間の奥さんが別な用事で訪れた。
ワンコが大好きで、いつも一緒の布団で寝ていることを聞いていたその奥さんが言うには、
「うちの子、先月死んじゃったんだ、、」
我が家のワンコを見て思い出したらしく、さめざめと泣きだしたとのこと。

ペットって、歳をとっても素直なままの子供みたいな存在。
犬は永遠の3歳児
ネコは永遠の2歳児
そりゃぁ辛いよね。
IMG_1967s.jpg
先日手に入れたプレシジョンベース
ボディはアルダー
ネックはメイプル
指板はメイプルワンピースでネック裏にスカンクラインがある57年モデルです。
ピックアップはUSA製
田舎にいると試奏ができない・・とは言っても完全に自分の環境で弾くことが出来なければ同じかもしれないから関係ないか・・
で、自分が思っていた音とちょっと違う。
IMG_1968s.jpg
もう少し中域あたりが出るかなと思っていたんだけど、いまのところドンシャリ。
おかげでスラップが似合う^^;
IMG_1976s.jpg
ジャズべの方はお気に入り
こちらもアルダーボディにメイプルネック。USAピックアップの62年モデル。
違うのは指板がローズウッドだということ。
この指板は音がまろやかになる傾向があるらしい。
対してメイプル指板の場合は硬くなるとのこと。
ローズウッドのラウンド張りの場合は低音が出やすく、ネックのそりにも強いらしい。
以前使っていたmoonはアッシュボディ+メイプルネック+黒檀の指板。一所懸命ジャズべの音を出そうと頑張ってみましたが、F/Jでもいいから買ってしまった方が正解でした。
そんなこんなで今思うこと。
半年くらい弾き込んでから考えるか・・
IMG_1973s.jpg
フェンダージャパンというブランドがなくなり、USAフェンダーが仕切るようです。
あ、これ今までの体制のほうがおかしかっただけで、これで本来の姿になりそうな気配もあります。
でも、フェンダージャパンのジャズベースの音、とても気に入ってます。
もしかしたらこの先プレミアがつくかもしれませんね。

程度の良い中古品が出たので、、、💦
と言うかこのベース「ほとんど未使用じゃん」
弾いていた形跡がありません。ペグもブリッジもフレットもピカピカです。
電装系もヘタリ無し、弦も張り替えられているのでなんだか落ち着かないジャキジャキした音に感じますのでこれから弾き込んでいきます!


ついでにこんなものも注文してしまいました💦
アルミ板で出来ている「アノダイズドピックガード」です。
前から「渋いなぁ、いいなぁ」と思いつつも「ジャズべにはないんだよなぁ」と考察の外でしたが、今回は大手を振って付けることができます!





ただ、パーツとして売っているのはFenderUSA製なので実はFenderJapanには微妙に形状が合わない。
固定している木ネジの本数も違う。
でも、合わせてみたところ、ネック周りの一部をヤスリで削り、木ネジの一か所だけ新たに下穴を空ければOKな感じなので取り換えてみました。





すげーカッチョイイです!!!
数時間観ていても飽きません!!!!!

「こんなことをしているからカードローンが終わらないんだよ」と自分でも思います。
でも、何か欲しい物が無いと男ってダメになるような気がします。
何か欲しいもののために頑張れるというか、、



2016.09.03 理不尽な
散々年金を徴収されてきてこの額かい!
と通知が来るたびに思う。
「これだったら資産をぜんぶ処分して生活保護を受けた方がいいな」とはよく言われること。

散々不摂生をしてきた挙句の身障者。
手当がつくからお金には困らない。
先のことを考えて慎ましく過ごせばいいものを、それが出来ない。
誰からも賛同を得られないな。

俺の知っている生活保護受給者
誰一人としてタバコを止めない。
おれはタバコをやめたけど憲法で保障された生活を謳歌してるぞ。
「嗜好品を外した算定のベーシックインカムなら賛同するな」とか思ってしまう。

PHOTOHITOブログパーツ